Main | September 2007 »

March 2005

マッチスティック・メン

宅配DVDレンタルなるものに初めて登録して、
さっそく送られてきたものをみました。

「マッチスティック・メン」

B0007PIOP6.09

2003年作品

【出演】ニコラス・ケイジ、サム・ロックウェル、アリソン・ローマン

【評価】★★★★☆

【感想】
ニコラス・ケイジの潔癖症ぶりが、
みているこっちまでチック起こしちゃいそうに、リアル!

サム・ロックウェルが今度はいい役じゃん!と
思っていたら、最後・・・やられました!
やっぱり一筋縄じゃいかない曲者だった~!

アリソン・ローマン、かわいかった。
気が強く、少しわがままで、でも多感な少女を好演。
と思っていたら、最後思いもよらないどんでん返し。
22歳でこの役を演じたとのこと。
むむむ、やりますね。

娘の出現により、ロイがだんだんに人間らしさを
取り戻す過程がよかった。

ところが最後の30分くらいの急展開で、
今までの感動は一体なんだったんだ~!と
裏切られた気分 プラス 「やられた~!でも愉快!」が
入り混じった気分になりました。

最後のほっとさせるエンディング。
芸達者な役者陣によって、
一見の価値ある作品に仕上がっています。

ほんとに、役者、皆クセがあるわあ。

機種変したい!

携帯は、ドコモのP251iSを使っていますが、
だいぶ前から「機種変したい!機種変したい!」と
周りに言っている私。

主婦はあまり使わないと聞いていたiアプリ機能、
先月「ケータイかいツーたまごっち+」を買って以来、
俄然必要性が出てきたのです。

そのほか、やたら巷でみかけるQRコードも便利らしい。
コードを写真に撮って、サイトにつながるなんて!

写真の画素数にも不満が出てきた。
義父に写真を送ると、かならず、
「ちょっとぼけてますが、かわいく写っています」と
返事が返ってくるので、
それで、はじめて自分の携帯の写真のキメが
意外と粗いことに気がついたワケ。

そこで、今の不満点をすべて満足させる携帯を
探しました。
そして、みつけました~(キラリ~ン)

それは・・・

SH506iCです!

00_img07


ま、でも、口コミ情報なんかをみてみると、
機能はいいが、使い勝手がよくないなんて
書いてあったりするんだけど。
その使い勝手がどんなものか、ワタクシが確かめてみましょ。

てなわけで、この連休に念願の機種変にいそいそと
出かける予定です。
夫もカメラ付き携帯に変えたいと
(いまどき、カメラなし携帯使っている人っていますか(-_-))
言っているので、一緒に機種変する予定。

最近、出張の多い夫、これからは
行った先からきれいな景色の写真が
送ってきてくれるようになるかなあ。

何日か前の会話。
夫「連休、どっか行かないの?」
私「うん。機種変」(今、これで頭いっぱい)
夫「・・・。じゃなくて、温泉とか~(-_-;)」

結局、夫は風邪を引き、今、すごい咳。
この連休は温泉なんてとんでもないっす。

ダ・ヴィンチ・コード

世界中で爆発的に売れている「ダ・ヴィンチ・コード」が
今度映画化されるそうだ!

監督はロン・ハワード、ソフィー役を
「アメリ」でチャーミングな不思議ちゃんを好演した
オドレイ・トトゥが演じ、ジャン・レノも出るらしい、
という情報までは「ほほ~」と聞いていた。

しかし!!

私、主役のロバート・ラングドン役を「トム・クルーズ」だと
思いこんでいたのだ!!!

よーく調べてみたら、「トム」は「トム」でも「トム・ハンクス
ではありませんか!!

ミステリーにトム・ハンクス?!

・・・イメージじゃなぁい・・・(-_-メ)

トム・ハンクスといったら、善人であったかい役、
出演した映画もじーんと心を打つものが多かったから。

でも、今までも役になりきって見事に演じてきたトム・ハンクス
こと、きっとこの映画でも、皆が共感できる人物を
演じてくれることでしょう。

トム・ハンクスとオドレイ・トトゥ、
お気に入りの俳優ふたりが出演する
「ダ・ヴィンチ・コード」、大注目です。
完成がいまから待ち遠しい♪

原作も読むぞ!

ホワイト・バレンタイン

B0006B9XS8.09

1999年・韓国

出演:チョン・ジヒョン(本作でスクリーンデビュー)、パク・シニャン

評価:
役者は★★★★☆だが、
ストーリーが物足りず、オマケして★★★☆☆

ストーリー:
ジョンミンは幼い頃、大人のフリをして一人の男性と文通を
していた。しかし、ジョンミンは彼女に会いにやって来たその
男性の前に姿を現わすことが出来ず、以来男性との文通も
終わってしまう。
時が経ち20歳となったジョンミンはある日、一羽の白い
伝書鳩を見つけ、足に手紙が付いていることに気づく。
それは、最愛の恋人を事故で失い、
悲しみから立ち直れない男性が、届くあてもない彼女へ
向けて書き綴ったものだった。そして、この手紙の差出人こそ、
ジョンミンがかつて文通した相手ヒョンジュンだったのだ。

感想:
昔、日本にもあったような懐かしい町並みがとてもいいです。
登場人物があまりアップにならず、遠くから撮影するシーンが
多いのが、独特。淡々としたイメージにしあがっている。
泣かせるストーリーを期待しないほうがよい。
ジョンミンに思いを寄せている青年が、
中途半端な存在感で、なんだったんだろう・・・。
あの結末は、どう理解したらいいんだろう。
多分ハッピーエンドですよね?
犬のちびちゃんがかわいかった!


おねえキャラ?

最近、行きつけのスーパーのレジに
お気に入りのおじさんがいる。

見かけはいたって素朴、
見るからにぶきっちょそうである。
でも、そのおじさんは見かけからは
想像できない声を出す。
ミョーにひっくり返るのだ。
それを聞くと、つい吹き出しそうになる。
オカマさんっぽいんだもん。
最初聞いたときは、びっくりしたわ。

「いらっしゃいませ~」
「ありがとうございました~」
の「せ~」と「た~」が「せ~
「た~」と
微妙にひっくり返るのだ。
接客態度も謙虚で、ますますいい。

今日も私はこの声が聞きたくて、
レジにおじさんの姿を探すのだ。

ホワイト・デー

昨日はホワイト・デーだった。

すっかり忘れて、午前中は忙しく過ごしたんだけど、
子どもが学校から帰ってきたあと、
♪ぴんぽ~ん♪とインターホンが鳴り、
同じマンションの男の子がチョコレートを
持ってきてくれたので、はっと思い出したのだった)^o^(

夕方は、次から次へと、お返しを持ってきてくれる子達が・・・。
あるお母さんは、(うちの子どもが、マンションで唯一の女の子なので)
「○○ちゃん(娘の名)が、いてくれてよかった~と
皆で言ってたの。じゃなかったら、今年はチョコ
一個ももらえなかったもん(~_~;)」と言ってた。

最近は、小学校でも、よっぽどでないと
もらえないらしい。
学校では渡さず、放課後、本命の子の家に
持っていくそうだ。
男の子たちにとってはどきどきの一日だろうなあ。
うちの子は「好きな男の子はいない!みんな友達として
好き!」な~んて言っている。
(私も子どもの頃、こんなこと言ってみたかったなあ)
今は、私が気をきかせて、チョコを買ってきちゃってるが、
いつかは、本当に好きな男の子に
娘も渡しに行く日がくるんだろうか・・・(;_;)

・・・いやいや、まだまだ遠そうだ・・・(^^)

夜は、借りてきた「ホワイト・バレンタイン」
DVDをみた。期せずしてこんな日にぴったりの題名の
映画をみてしまった。私っておしゃれ~(笑)
1999年の、チョン・ジヒョンのデビュー作らしい。
相手役が「パリの恋人」のパク・シニャン
こんなとこに~。いかも長髪だしぃ~。
み終わったら、感想を「映画」コーナーに書きまーす。

「ヒロシです」ごっこ

昨日、夫と子どもと盛り上がったのは、
「ヒロシです」ごっこ

ひたすら、「○○です・・・。今日、○○だと思って
○○したら、××したとです・・・」と
トホホなことを、競って発表しあうというもの(笑)
しかも、自分のトホホでなくて、
他の家族のトホホを言うのがポイント。

我が家で盛り上がった内容は、例えば

「(子どもの名前)です。朝『行ってきまーす』と
はりきって家を飛び出したら、
ランドセルをしょってなかったとです・・・」(注:小学生です)

「(夫の名前)です。駅でダッシュかけようとして
駆け出したら、腰を痛めてしまったとです・・・」

・・・あまりに内輪うけな内容ですねえ(-_-;)
あはは。

車の中などで、ちょっと退屈したときには、絶対オススメですよ!

今日から・・・

今日、生まれてはじめての「ブログ」の世界に足を踏み入れました!
やっほー。どきどきです。
少しずつ、無理せず、続けていきたいです☆

もう深夜になっちゃったけど、昨日を振り返り・・・。
昨日は子どもと池袋のシネ・リーブルに映画をみにいき、
実家に寄って、くつろいできました。
父と母が子どもと楽しそうに過ごしているので、
嬉しくなる。
ひさしぶりに本物のピアノを弾き、自分の指が
今でも動くのにびっくり。
これからも、時々わざと余裕で弾ける曲を弾き、
ストレス発散をしようかな。

家に帰り、ダヴィンチ・コードの特番を途中からみた。
レオナルド・ダヴィンチの「最後の晩餐」、
ヨハネとして知られている人物が、実は
マグダラのマリアだという新説。
そして驚愕の説。マグダラのマリアは娼婦なんかではなく、
キリストの妻だったという!え~!!まさか!!
ダヴィンチがトップを務めたことのあるシオン修道会という
秘密結社は、キリストの子孫を守ることが秘密の使命だという。
ロンドンに住む自称キリストの子孫が出たが、
なんだか、信憑性あり・・・。
近いうちに本当に子孫なのか調査を開始するそう。
経過が楽しみです。

そろそろ寝ます。
記録的に遅いなあ、今日は。


Main | September 2007 »

Recent Trackbacks

Recent Comments

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ